見た夢 2014/01/04

見た夢:すさんだ町のスーパーで商品陳列のバイトをしていた。仕事を教えてくれたのはキングの『なにもかもが究極的』に出てくるディンキーみたいな、典型的ないじめられっ子タイプの若者だった。いつも小突き回されているのを見かねて、彼に内緒で戦い方を教えた(もちろん、現実の自分はそんなスキルを持っていない)。その彼と、彼をいじめていた同僚の男が決闘をするという。いじめ野郎は常々大型拳銃を見せびらかして射撃の腕を自慢していたが、ディンキー君が武器に(夢の中の私が教えた)ナイフを選んだので、「ハンデを付けてやる」と人からナイフを借りてきた。私はその場を立ち去り、ディンキーとすれ違いざま「向こうもナイフを選んだ以上リーチは対等だ。頑張れ。死ぬな」と囁いた。「見届けないのか」と誰かに聞かれたが、私は足を止めない。結末は判っていた。背後に広がる血だまりが誰のものか。

shunter1112:

フルサイズ

まえがき

なんで楽天??

すみません、何かのご縁だと思いますが、セミナーを受けていたら調度思いついた感じです。

先日データサイエンスの始め方・データ分析のデザインパターンというセミナーに参加してきました。 その中で一番私の印象に残ったのが、最後のプレゼンテーションで「楽天」のサイトのデザインについてでした。 内容は簡単に言うと、『「おもてなし」をしましょう。そのためにユーザの感情をデータからモデル化することを目指す!』という話だったと認識しています。

dudehugespeaks:

Yesterday reports that Adam Orth, the guy who somehow caused this shitstorm, is no longer at Microsoft.

Let’s pay attention to the wording here. Resigned. Not fired.

Now, beyond all of the use of the impact font and the “Haha let’s make an internet meme out of this guy we’ve never met” let’s…

metal—mouth:

little blades

metal—mouth:

little blades

"司会者は「もはや研究は必要ありません。私たちはビデオゲームが、映画が、テレビが、頭が飛び散るような残虐性を備えていることを知っています。なぜあなたはハリウッド(議員の地元にあたる)の友人の所に行って、恥だ、くたばれと言わないのでしょうか?」と尋ねました。

しかしペロシ議員は冷静に「私は母であり、祖母です。暴力的なメディアについての憂慮をもちろん理解しています。しかし、例えば日本を見てください。そこにはもっと暴力的なゲームがあります。しかし遥かに銃犯罪は少ないのです。もし米国と日本に違いを見つけようとすれば、より良い銃規制の法律がある事しか見出すことはできません」と返答。メディアの違いではないと強調しました。"
見た夢(2012/10/15)

生々しいにもほどがある夢を見たので書きとめておく。
(以下、暴力・残酷描写を含みます)

 大きな島で戦争があり、徴兵された私たちは若かった。
「これって学徒出陣って言うんじゃないか?」とゲームが好きな誰かが言った。
確かに周りは昨日まで学生服を着ていたような連中で、毎日基地で訓練と待機ばかりだったから、どこか某ゲームめいてのんびりした空気が漂っている。

指揮官は風采のあがらない中年だったが、口を開くと声優みたいな渋い声を出すので、何度聞いてもついぞギャップに慣れなかった。
この戦争はどうなるのか、と聞いた兵士に
「そういうことを考えてハゲるのは俺の仕事だ。出動がないときはテレビ見てアイスでも食ってろ。ただし訓練はサボるなよ、死ぬぞ」 と答えていたのが記憶に残っている。
実際、彼の頭髪を見た記憶はない。

なぜ戦争になったのか、こちらが勝っているのか負けているのか、情報はほとんど知らされなかった。
学生が徴集されるからにはあまり良い状況ではないのだろうが、ときどきテレビに流れる前線のニュース映像は上空からの爆炎と煙ばかりで、そこで人が死んでいるという実感がない。
いずれ自分たちもそこに行かされるわけだが、それに関してはみな驚くほどドライだった。

ときどき顔見知りの人々が基地から出ていって、何人かは戻ってこない。それだけのこと。

そしてその日も、私たちは集会室でテレビのくだらない番組を皆で見ながらだらだらと過ごしていた。

突き上げる衝撃。閃光。そして暗転。

意識を取り戻したとき、まだ耳鳴りで何もかもがくぐもって聞こえた。視界がぼやけてよく見えないが、とにかく体の上に何かが載っていて重い。熱くて重くてぐにゃっとしている。しかも臭い。服も濡れていて気持ちが悪い。

とにかく上に載っているものをどかさないと動けそうになかったので、かすむ目を細めてそれに焦点を合わせてみた。

人間の足のような影が2つ見えた。足首から上がない。

「あなた、意識があるわね。足の方を見ちゃだめ。こっちを向いて」年上の女性の声がした。
彼女は瓦礫の下敷きになって身動きがとれないようだった。
「あなたの脚は倒れた棚の間に挟まっている。へたに動くと破片で太腿をざっくりいくわよ。私の目を見て、言うとおりにしなさい。脚を見ないで」
知らない女性だが、命令慣れした口調だった。階級章が見えないが、大人だし士官クラスだろう。

言われるままに上体をあっちこっちにひねった結果、なんとか這い出すことができた。服は臭くてぐしょぐしょだし、足首の皮が剥けて死ぬほど痛いが、ともかく五体満足ではある。

熱くて重くてぐんにゃりしたものの正体がわかった。彼女があれほど厳しく見るなと言ったのは、パニックを起こさせたくなかったのだろう。

私は恩人の体から瓦礫をどけようとしたが、彼女は手を振ってさっさと逃げろという。
反論したら返事をしてくれなくなった。
よく見たら足首から下がなかった。

通路のほうで爆発音と、「戦争反対」「軍国主義反対」という怒号が聞こえた。

ふざけた連中だ。

私は武器を探しにいった。 

" そういえば中野好夫さんがこういうことを語っておられます。
「少なくとも私は大体頭から順に訳出しますね。つまり、朗読されたものと仮定して、耳にとどく文節のアイデアにしたがってです」――これもぼくがすごく気に入っていることばなんです。「耳にとどく文節のアイデア」、さすがですよ、この言い回しは。そして続けて、――「文の先祖は語りにあったとすれば、すべて理解は耳にとどくアイデアの順序でなされたはずに相違ない。翻訳だとてその点変わりないと思いますがね」
 さっきぼくは、文章が音楽になぞらえうるというようなことをいいましたが、同じように翻訳は演奏にたとえられると考えています。翻訳が演奏だとすれば、いきなり第三小節から始めて、次に第一小節をもってくるというような演奏家はいないでしょうから、だからぼくは語順を重要視する。というか、重要視するというより、語順という譜面にべつに逆らわないんですね。"
— 柳瀬尚紀『翻訳は実践である』p.11-12
"風呂を沸かしているとしよう。湯が沸くまで本でも読んでいることにする。しばらくして「そろそろだろう」といきなり決めつけ、風呂に入る態勢になるのだ。つまり裸である。それから風呂場に行き、湯船に手を差し入れたときはじめて、私は知るのだ。
「なんだ、まだ水じゃないか」
ちゃんと確かめてから裸になったらどうなんだ。"
hikol:

この絵馬すげぇ。 on Twitpic
1 of 373
Themed by: Hunson